私の健康法~自然療法~
ナチュラルライフが心地よくて、民間療法(食事療法やアロマ・ハーブ)などの代替療法を取り入れてます。実践していること(手作り酵素やお手当て・手作り食品など)をベースに色々書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅干し作り④
梅干し完成しました。

すっかり天日干しするのが遅くなってしまったのですが、8月の下旬に2日間干しました。
本当は3日間干すのですが、今年のこの暑さでは、2日干したら、もう十分という感じ。
これ以上干したら、カラカラになって、塩が吹きそうだったので、2日で干すのをやめました。


CIMG1894.jpg



CIMG1896.jpg
CIMG1897.jpg




今年は去年よりも少し多めに作りましたが、一粒が大きいので、個数はそんなに多くできませんでした。
出来は良かったと思うので、来年も作れたらいいなぁと思います。
スポンサーサイト

テーマ:保存食 - ジャンル:グルメ

らっきょうを漬ける④(2010年)
らっきょうを漬けてからすっかり日にちが経ってしましました。
1か月弱くらいでしょうか。

なんとか完成しました。

CIMG1822.jpg






1つ目は「らっきょうの甘酢漬け」
CIMG1823.jpg




2つ目は「らっきょうの赤酢漬け」
CIMG1825.jpg





3つ目は「らっきょうの醤油漬け」
CIMG1826.jpg




去年と同様の作り方で作ったのですが、おいしく出来上がりました。

でも、1つ来年から見直そうと思った点は、天日干しにするタイミングです。
お天気の良い日に干そうと思い、塩抜きしながら待っていたので、
その日数が長くなり、出来上がりがらっきょうの先端のほうが、少し
ふにゃっという歯触りになってしまったことです。

来年はもう少し遅く仕込んで梅雨明け位のタイミングで合えばいいなと
思います。



















テーマ:保存食 - ジャンル:グルメ

味噌作り(2010年)天地返し
2月の下旬と3月の上旬に仕込んだ3種類の味噌を
天地返ししました。




「麦みそ」
~天地返し前~
CIMG1828.jpg

CIMG1829.jpg

CIMG1832.jpg

~天地返し後~
CIMG1834.jpg


去年同様に、白カビは、生えていましたが、麹菌のカビで旨みになるので、
そのまま取り除かなくても大丈夫ということなので、そのままにしました。
(去年もそれで問題なかったので)
赤・黒・緑色のカビは雑菌なので取り除いた方がよいとのこと。





「米味噌」
~天地返し前~
CIMG1835.jpg

~天地返し後~
CIMG1838.jpg





「合わせみそ」
~天地返し前~
CIMG1840.jpg

~天地返し後~
CIMG1828.jpg




夏の終わりにもう一度開けて様子をみてみようと思います。

テーマ:保存食 - ジャンル:グルメ

梅干し作り③(2010年)

4日ほど前にやっと赤ジソと混ぜて梅を漬けました。
梅雨明けしたというのに、今頃です・・・すっかり漬けた気でいたので、
あせりました。

赤ジソを仕込んだ作業の流れです。



①赤ジソを洗います
CIMG1813.jpg





②赤ジソに塩を混ぜてもみ洗いします(×3回)
 (あく抜きします)
CIMG1817.jpg






③赤ジソと漬けていた梅をまんべんなく混ざるように樽に入れていきます
CIMG1819.jpg







④完成です
 CIMG1820.jpg






⑤梅がかぶる位の白梅酢を入れ、軽く重石をして土用干しまでまた待ちます
CIMG1821.jpg




今度は忘れないように、土用干ししようと思います





















テーマ:保存食 - ジャンル:グルメ

らっきょうを漬ける③(2010年)
らっきょうを天日に干して漬けました。



塩抜きをして3日経ったので、第3段階で、天日に干しました。
CIMG1807.jpg



そして、最終段階で、漬けました。
去年は、甘酢・赤酢・ブルーベリー酢の3種類を
漬けたのですが、
今年は、甘酢・赤酢・醤油の3種類にしてみました。
まだ、ブルーベリーが収穫できないということと、1種類は初めて
味に挑戦してみたいということで、しょうゆ漬けを作ってみました。




1つ目は「らっきょうの甘酢漬け」です
CIMG1809.jpg
(材料は、米酢・りんご酢・お水・糖密)





2つ目は「らっきょうの赤酢漬け」です
CIMG1810.jpg
(材料は、梅酢・りんご酢・お水・糖密)





3つめは「らっきょうの醤油漬け」です
CIMG1811.jpg

(材料は、醤油・りんご酢・お水・糖密)


材料は、基本は参考にさせていただくレシピはあるのですが、
最終的には自己流になってることが多いです。
なので、分量も自分の好みに合うように調節してしまいます。
そこが、手作りの良いところですよね。

1週間くらいで食べられるので、今年も楽しみです。


















テーマ:保存食 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。